民法(債権法)改正

民法(債権法)改正に関するニュースが日経に載った。 (日本経済新聞2014年7月9日付朝刊・第1面) 法務省が2015年の通常国会に提出を予定している民法(債権分野)改正案の原案が8日、明らかになった。 債務の支払いが遅れた場合に上乗せする法定利率を現行の5%から3%に引き下げ、3年ごとに1%刻みで改定する変動制を導入するのが柱だ。法制審議会(法相の諮問機関)の民法部会が29日に民…

続きを読む

改正労働契約法に盲点?

 今年4月1日に施行される改正労働契約法に盲点があるという記事です。  『改正労働契約法 -定年延長法に盲点、契約社員に大チャンス』                    (プレジデント 2月25日)  ※通年5年超で「無期契約社員」に  今年4月から改正労働契約法が施行される。目玉は、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えた場合、無期労働契約に転換できる「5年…

続きを読む

法改正 地域限定旅行業創設

 ** 行政書士のお仕事に関係のある法改正情報 ** 地域限定旅行業を創設 観光庁が法改正  2013年1月8日(火)  観光庁は12月14日、着地型旅行の普及促進を図るため「地域限定旅行業」を創設し、旅行業法施行規則の一部を改正、公布した。施行は4月1日。  地域限定旅行業は、着地型旅行の商品化を進めたい地域の観光協会や旅館ホテル、NPO法人などが旅行業へ参入しやすくする…

続きを読む

認定NPO法人制度の改正

12月7日に「認定NPO法人」についてのセミナーに出席した。税制改正により、認定NPO法人への要件が緩和された。 ●認定が取りやすくなるポイント 1.PST(パブリック・サポート・テスト)要件→b)の要件が追加  a)経常収入金額のうち、寄付金等収入金額の締める割合が20%異常であること。  b)3,000円以上の寄付者が年平均100人以上であること。  c)都道府県・市区町村か…

続きを読む

予算関連法案が成立しなかったらどうなる?

 「予算関連法案について、三月末に成立が間に合わなかったらどうなるか。」というブログがありました。  ねじれ国会の影響で、法案の成立が大変と言われており、成立しない法案がかなり出るのではないかと予想されます。そこで、興味のある部分を抜粋します。  全文は、こちらから… ●子ども手当法案   児童手当に自動的に切り替えられる。児童手当のシステムに昨年の現況届のデータを入力する必…

続きを読む

4月1日施行の法改正

 毎年のことであるが、年度替りの4月1日に施行される法改正が多くあり、対応に忙しい。  業務に影響が出そうなのが、廃棄物処理法、建設業の経審、それから税制大綱に書かれている相続税関係。  どれも4月1日の施行までに、政令や省令が制定され細部が決まってくる。詳細がはっきりするのは3月に入ってからになる。情報収集に気をつけないといけない。  ただ、相続税関係は、例年、12月中旬に大…

続きを読む

平成21年度税制改正

 本日、所属するNPO法人の研修会がありました。テーマは「税制改正」です。  改正点は次の8点について説明されました。  1.住宅・土地税制  2.法人関係税制  3.中小企業関係税制  4.相続税制  5.金融・証券税制  6.国際課税  7.自動車課税  8.その他  仕事上特に関係があるのは、中小企業関係税制と相続税制。プライベートで影響があるのは、自動車課税と…

続きを読む

戸籍の無い母親の赤ちゃんに戸籍ができました。

 民法772条の300日規定の問題で無戸籍になっている母親が出産した赤ちゃんに、法務省の異例の指示で、女性の夫である男性の長男として11日、出生届が受理され、戸籍が作られました。  地元の自治体は、法務省の指示で女性と男性の婚姻届を受理して法律的に結婚したことを認めたうえで、男性の戸籍に男の子を入れる方法を取りました。  戸籍がないと通常、婚姻届は受理されませんが、法務省では、女性と…

続きを読む

国籍法違憲判決!

 注目されている裁判の判決が出た。結果は違憲であった。 『<婚外子>婚姻要件の国籍法規定は違憲 最高裁大法廷判決(6月4日 毎日新聞)  結婚していない日本人父とフィリピン人母10組の間に生まれた子ども10人が、国に日本国籍の確認を求めた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷=裁判長・島田仁郎(にろう)長官=は4日、出生後の国籍取得に両親の婚姻を必要とする国籍法の規定を違憲と初判断し…

続きを読む

道路交通法改正

 6月1日に道路交通法が改正される。改正のポイント(義務化されるポイント)は次の通りである。 『(1)後部座席シートベルト装着  (2)75歳以上の運転者の「もみじマーク」表示  (3)聴覚障害者の運転免許取得が可能になるのに伴う専用マークの表示。  このうち高速道路で(1)に違反した場合は、運転者に対し減点1点の処分。ただ、今秋ごろまで悪質な場合を除いて処分は科さない。一般道路につ…

続きを読む

行政不服審査法改正

行政不服審査法改正のニュースがありました。 『行政不服審査法改正:「審理員」新設など柱初の見直し   政府は11日午前の閣議で、国や地方自治体による違法・不当な処分に対して国民の権利救済を図る行政不服審査法の改正案を決定した。審理の公正性を担保するための「審理員」新設や、審査請求可能な期間を現行の「処分を知った日から60日」から「3カ月」に延長することなどが柱。1962年の法制定後初の見…

続きを読む

補助犬に関するニュースがありました。

補助犬に関するニュースがありました。 『聴導犬、もっと身近に・入れる施設拡大、法改正が追い風  聴覚障害者の「耳」の役割を果たす「聴導犬」普及に向け、訓練施設の拡充や訓練士の育成に取り組む動きが広がり始めた。聴導犬は盲導犬などと同じ補助犬の一種だが、国内には訓練の場が少なく、現在は16頭しかいない。ただ、従来は飲食店などだけだった補助犬同伴の受け入れ義務が、法改正で10月から事業所な…

続きを読む

施行前の法律を適用して逮捕ミス

マネーロンダリングやテロ資金供与を防止するために、平成20年3月1日に施行される「犯罪収益移転防止法」を、施行前に適用してしまったというニュースがあった。 『<逮捕ミス>2人を施行前の「犯罪収益移転防止法」で 佐賀(毎日新聞) 佐賀県警が19日、「犯罪収益移転防止法」の施行前の条文を適用し、広島市の会社役員の女性(32)と長崎県佐世保市の無職、中村栄利被告(47)=本人確認法違反の罪で…

続きを読む

改正建築基準法の影響深刻?

昨年6月に改正された改正建築基準法の影響のニュースがあった。 『建築確認審査厳格化 学校工事大幅遅れ』  昨年6月施行の改正建築基準法で建築確認審査が厳格化されたため、高松市十川西町の市立十河小学校と丸亀市中府町の市立西中学校の校舎増築、新築の工事着工が大幅に遅れている。児童数増加のためプレハブ校舎で対応している十河小では、3月末までの完成予定だったのが、早くても8月末にずれ込む見通しと…

続きを読む

改正遺失物法施行

改正遺失物法施行のニュースです。 『落とし物の取り扱いについて定めた改正遺失物法が、12月10日に施行された。落とし物情報を都道府県警のWebサイトで検索できるようにして落とし主への返還率アップを目指しているほか、拾得物の保管期間を6カ月から3カ月に短縮し、保管費用の削減を狙う。同法の改正は約50年ぶり。  都道府県内の拾得物情報を、県警ごとのサイトに集約。落とした日付や落し物の種類…

続きを読む

改正入管法施行初日

改正入管法が本日施行された。その関連のニュースがありました。 「入管指紋採取でブラックリストと一致、5人の入国認めず」(読売新聞)  改正出入国管理・難民認定法の施行初日の20日、来日外国人に義務づけられた指紋採取の結果、5人について、入国が認められない「ブラックリスト」の人物の指紋と一致したことが明らかになった。  過去に日本から強制送還となり、偽造パスポートなどで入国しようとし…

続きを読む

改正入管法、施行

 改正入管法が、明日施行されます。その関連の記事です。 「外国人に指紋提供義務化=米に続き2カ国目-改正入管法、20日施行」(時事通信)  日本に入国する外国人に指紋採取と顔写真の撮影に応じることを義務付ける改正出入国管理・難民認定法が20日、施行される。テロリストの流入や強制退去処分を受けた者の再入国を防ぐのが主な目的。入国審査に際し、こうした措置を導入したのは米国に次いで2カ国目だ。…

続きを読む

「身体障害者補助犬法」改正

 補助犬を同伴した身体障害者の社会参加がいっそう進むようです。 「補助犬法改正案が衆院通過、企業も受け入れ義務」    盲導犬、介助犬などを同伴した身体障害者の受け入れを定めた身体障害者補助犬法改正案が2日、衆院本会議で全会一致で可決され、参院に送付された。今国会で成立する見通し。  改正案では、障害者の雇用が義務化されている常勤労働者56人以上の企業などに、補助犬(盲導犬、介助犬、…

続きを読む

新しい入国審査手続が始まります。

 平成18年5月24日に出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律が公布され,本年11月23日までに施行される予定です。  この法律では,テロの未然防止のための規定の整備が行われ,その一環として,入国審査時に個人識別情報を利用したテロ対策が実施されることになりました。  この新しい入国審査手続では,入国申請時に指紋及び顔写真の提供を受け,その後,入国審査官の審査を受けることになりま…

続きを読む

遺失物法が変わります。

 同期の行政書士の先生から、「遺失物法が変わります!」というパンフレットをもらいました。  主な改正点は以下のとおりです。 ①落とし物や忘れ物の保管期間が3ヶ月になります。 ②落とし物や忘れ物の情報がインターネットで公表され、探しやすくなります。 ③携帯電話やカード類など個人情報が入ったものについては、拾った人が所有権を取得できないことになります。 ④公共機関や店舗など…

続きを読む