行政不服審査法 制定後53年目の大改正

申立期間、3カ月に延長=改正行政不服審査法が成立

 国や地方自治体の行政処分に対し、国民が取り消しや変更を求める際の手続きを定めた改正行政不服審査法が6日の参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。審査制度を利用しやすいよう、不服申立期間を現行の処分決定後60日から同3カ月に延長するほか、第三者機関による審査結果の点検を義務付ける。
 
 行政不服審査制度は、課税や生活保護認定など全ての行政処分について、国民に不利益が生じないよう迅速に救済することを目的としている。

 大幅な法改正は1962年の制定以来初めて。
 (2014/06/06 時事ドットコム)

 使いやすくなるかな?


 ブログランキングに参加しています。応援していただける方は、カチッとクリックをしてください。

      千葉県柏市の中嶋行政書士事務所です。1日1回クリックしていただくと、とってもうれしいです。


 面白かったら、興味を持ったら 『いいね!』 してください。

この記事へのコメント