トニーちゃんが…

 12月8日、ネコのトニーが亡くなりました。7歳でした。

    2歳頃のトニー

 8月ぐらいからやせ始め、9月の始めには随分やせてきました。明らかにおかしいので、かかりつけのお医者さんに聞いてみたのですが、高度治療はできるが、延命処置にしかならないとのこと。

 無理に生かすことは、トニーがかわいそうと思い、何とか食事をするようにいろいろ工夫をしてきました。

 結局トニーは、3ヶ月の間一生懸命生きようとしたのですが、奇跡は起こりませんでした。

 ペットを飼うのは、死なれた時がつらいので飼わないと言う人がいますが、その悲しみより、一緒に暮らしている間に与えてもらう楽しさ、やさしさ、癒し、笑い… が圧倒的に多い。一緒に暮らしてくれてありがとうと言う感謝の気持ちでいっぱいになれるのです。

 トニーちゃん、ありがとう。

 <今日の一言>
 最後を看取ってあげるのが、ペットへの最後の感謝のしるし


 ブログランキングに参加しています。応援していただける方は、カチッとクリックをしてください。

      千葉県柏市の中嶋行政書士事務所です。1日1回クリックしていただくと、とってもうれしいです。

この記事へのコメント