就任時事務報告書の作成

 5月18日に4月に申立てをしていた後見人審判がおりた。

 家庭裁判所からは審判書謄本成年後見通知書が届いた。それと一緒に、後見人の就任時事務報告書の用紙、成年後見のしおりなども届いた。

 さらに、6月9日付で登記番号通知書が届き、5月26日に申請していた登記事項証明書も一緒に届いた。

 先週の土曜日に、後見人が作成した就任時事務報告書の最終確認を行った。内容は、事務報告書、財産目録(5月末現在)、収支状況報告書(4/1~5/31)、報告書の内容を証明する書類等(通帳・領収書・通知書などのコピー)である。

 これから後見人は、後見事務を行っていくうえで、収支状況などをきちんとつけ、1年に1回事務報告を行うことになる。また、高額の出費が見込まれる場合などは、事前に裁判所に確認することも必要である。

 今後も、必要に応じて後見人をサポートしていきたい。手(グー)


 ブログランキングに参加しています。応援していただける方は、カチッとクリックをしてください。

      千葉県柏市の中嶋行政書士事務所です。1日1回クリックしていただくと、とってもうれしいです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック